Latest Tweets:

*99
whitneymuseum:

Kids love Koons. Today, check out family activity stations in the galleries. 
Photograph by Filip Wolak

whitneymuseum:

Kids love Koons. Today, check out family activity stations in the galleries. 

Photograph by Filip Wolak

フランスの中華料理屋さんにて。ココナッツミルクかと思ったらココナッツごはんみたいなまずい食べ物がでてきた。。

フランスの中華料理屋さんにて。ココナッツミルクかと思ったらココナッツごはんみたいなまずい食べ物がでてきた。。

スワローズファンとして、、

スワローズファンとして、、

なんか気持ち悪いって言われたわたしの後ろ姿

なんか気持ち悪いって言われたわたしの後ろ姿

Memory Mapのジョシュが4年前までやってたImpure JazzというバンドのTシャツ、最後の残りの1枚を、2年前に約束したのを覚えてて、わざわざ今回のツアーにもってきてくれた。すごく、うれしかった!ほんとうにありがとう!

Memory Mapのジョシュが4年前までやってたImpure JazzというバンドのTシャツ、最後の残りの1枚を、2年前に約束したのを覚えてて、わざわざ今回のツアーにもってきてくれた。すごく、うれしかった!ほんとうにありがとう!

*1
*33

fullergoeasy:

lilbabyghosts:

New band. 

Singing

やっぱかっこいいわ

funnyordie:

The Back to the Future Song Works for Everything

The Back to the Future song literally works for anything and everything.

くだらなくていいね!

*1
脳みそが疲れたあとの謎の落書き。

脳みそが疲れたあとの謎の落書き。

アンテロープとネコバッチブローチできました

アンテロープとネコバッチブローチできました

アンテロープちゃんバージョンも完成した♡飛び出すロゼット。 #rosette

アンテロープちゃんバージョンも完成した♡飛び出すロゼット。 #rosette

初ロゼット完成♡通常くるみボタンのところを秋らしくフェルトで作りました。 #rosette

初ロゼット完成♡通常くるみボタンのところを秋らしくフェルトで作りました。 #rosette

梶井基次郎 「桜の樹の下には」より引用

「檸檬」が有名な梶井基次郎ですが、高校生の頃はじめてこのエッセイを読んで衝撃を受けました。
高校時代からもう10年経ち、たくさんの文章を読んできたけれど、
心に深く、サクッと刺さったままで抜けずにいるのは間違いなく梶井さんの言葉です。
1927年の作品だけど、こんなに繊細でえげつなくて不謹慎でロマンチックな文章は、後にも先にもこの人だけだ。。

梶井基次郎 「桜の樹の下には」より引用

「檸檬」が有名な梶井基次郎ですが、高校生の頃はじめてこのエッセイを読んで衝撃を受けました。
高校時代からもう10年経ち、たくさんの文章を読んできたけれど、
心に深く、サクッと刺さったままで抜けずにいるのは間違いなく梶井さんの言葉です。
1927年の作品だけど、こんなに繊細でえげつなくて不謹慎でロマンチックな文章は、後にも先にもこの人だけだ。。

*3
『ガンモ』のうさぎさん、こんなんだったかなーと描いてみた!

『ガンモ』のうさぎさん、こんなんだったかなーと描いてみた!

ガンモ

『ガンモ』!ずっと観たくて、やっと今日観れた!

感想は恥ずかしいから、ほぼ誰も見ないであろう、

Tumblrのほうに感想を書き残します。

『時計じかけのオレンジ』を初めて観たときに近い、

大きなパンチを打ち込まれたような衝撃があって、

可愛くて、怖くて、哀しくて、切なくて、っていう、

”青春”って言葉で、都合よく簡単に片付けてしまいそうな、

刹那的で危うい、だけど大切なギラギラとざらついた視線。

その日を生きる。

その感情を大切にする。

打算のない、勝手な生き方。

でも、みんな生きてるし、みんな愛を求めてるし、

誰かに愛される”はず”っていう、

”希望”じゃなくて”願い”をもってる。

希望と願いって、やっぱり意志の強さ、

主体の在り方が違うから、本当は希望をもちたい、

だけど、希望はもてない、願うしかない世界なんだ、

ってヒリヒリ伝わってきて号泣してしまった。

映画を観て、私はすでにしあわせなはずなのに、

「痛いくらい愛されたい」って思ってしまった。

逆もまた然り。

だけど同時に、世界はちゃんとそんな風に、

平等にできているのかなぁ?とも感じて。

お母さんになったら、全力で家族を愛せますように。